15.肝臓移植関連図書

 私が読んだ(所蔵している)肝臓移植関連図書を紹介します。

 生体肝移植マニュアル 

  編集:河原崎 秀雄

  出版社: 中外医学社 ; ISBN: 4498052021 ; (1999/07)

  内容:(「MARC」データベースより)生体肝移植の実際を信州大学第一外科での経験とデータをもとにまとめた本邦初のマニュアル。本法を行う上で必要な知識、技術、および問題点などについて実際に即して解説した決定版。(私の感想:価格は高いが、内容が充実してます \13,125)


 肝臓の外科 肝切除から肝移植へ

  
監修 小澤 和恵  

  出版社:へるす出版 ; ISBN: 4892691844 ; (1992/11)

  内容:術前編、手術編、術後編、移植編で構成され専門的な解説がなされています。


 決断―生体肝移植の軌跡

  著者:中村 輝久 , 山田 盂, 河野 仁志 , 山野井 彰, 木村 直躬, 永末 直文, 松尾 進, 木許 健生

  出版社: 時事通信社 ;ISBN: 4788790181 ; (1990/7)

  内容:(「BOOK」データベースより)祐弥ちゃんと医師団の闘いの全て。


 臓器移植を支えるために―日本初の生体部分肝移植の経験から

  著者:小坂 義弘

  出版社: 真興交易(株)医書出版部 ; ISBN: 4880033960 ; (1992/11)

  内容:(「MARC」データベースより)1989年11月、島根医大附属病院で、日本で初めての生体部分肝移植術が行われ、注目を集めた。いま、臓器移植の関心が高まる中、麻酔科医として、この生体部分肝移植術を支えた教訓を明日の移植医療に問いかける。


 生体肝移植―京大チームの挑戦

  著者:後藤 正治

  出版社: 岩波書店 ; ISBN: 4004308046 ; (2002/09)

  内容:(「BOOK」データベースより)脳死移植の法整備問題もあり、日本で独自の発展をみた生体肝移植。移植手術のリスク、健康な生体にメスを入れるリスクを超えて、患者・家族は生きることに賭ける。目前の命を救うために、医療チームは宿命的な困難に挑み、技術を進展させてきた。最先端医療の局面で展開される患者・家族と医師・スタッフの緊迫した熱いドラマ。


 消化器外科 2002―3  特集:わが国における肝移植の現況と展望

  出版社: へるす出版

  内容:
  1. わが国における肝移植の現況

    生体肝移植,長期成績 笠原群生・他(京都大学大学院医学研究科移植外科)
  2. ドナープール拡大の工夫
    (1) 生体肝移植におけるドナープールの拡大
      生体肝移植,ドナープール,家族性アミロイドポリニューロパシー (FAP),ABO血液型不適合移植,高齢ドナー
       田辺稔・他(慶應義塾大学医学部外科)

    (2) 心停止ドナーからの肝移植
       心停止ドナー,肝移植,グラフト肝バイアビリティー 高田泰次・他(筑波大学臨床医学系外科)
  3. 適応拡大への問題点と対策
    (1) 劇症肝炎症例への移植
      劇症肝炎,肝移植,移植適応基準,術前管理,補助的同所性部分肝移植 嶋村 剛・他
      (北海道大学医学部附属病院臓器移植医療部)

    (2) ウイルス性肝硬変,肝細胞癌に対する肝移植
      C型肝炎,B型肝炎,肝細胞癌,インターフェロン,ラミブジン 副島雄二・他
      (九州大学大学院医学研究院消化器・総合外科)

  4. 成人生体肝移植の成績向上のための工夫
    生体部分肝移植,適応時期,原発性胆汁性肝硬変症,右後区域グラフト 菅原寧彦・他
    (東京大学医学部肝胆膵外科・人工臓器移植外科)

  5. ドミノ肝移植と一時的自己肝温存肝移植
    生体肝移植,ドミノ肝移植,temporary APOLT 池上俊彦・他(信州大学医学部第一外科)
  6. 術後管理の問題点と対策
    (1) 肝移植における周術期感染症の診断と治療
      肝移植,術後感染症,細菌感染症,真菌感染症,サイトメガロウイルス感染 橋本 俊・他
      (名古屋市立大学医学部小児・移植外科)

    (2) 晩期脈管合併症,胆道合併症の診断と治療
      生体肝移植,晩期合併症,血管合併症,胆道合併症 川岸直樹・他
      (東北大学大学院医学系研究科外科病態学講座先進外科学分野)

  7. 免疫抑制療法の現況と今後の展開
    肝移植,免疫学的寛容,NKT細胞,キメリズム,門脈内ドナー抗原投与 佐藤好信・他
    (新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器一般外科)


 外科治療2000年2月号(Vol.82 No.2)  特集 ここまできた肝移植外科

  出版社: 永井書店

  内容:

  1.わが国における肝移植外科の現況 田中 紘一
  2.生体部分肝移植とインフォームドコンセント 菅原 寧彦
  3.生体部分肝移植術の手技 ドナーの手技 島津 元秀
  4.生体部分肝移植の手技 レシピエントの手技 渕之上昌平
  5.術後管理の実際 ドナーの術後管理 近藤 知史
  6.術後管理の実際 レシピエント術前術後管理 池上 俊彦
  7.生体部分肝移植患者の術後フォローアップ 織井 崇
  8.生体部分肝移植の治療成績 猪股裕紀洋
  9.始まった脳死肝移植−これからの課題− 藤堂 省
  10.始まったドミノ肝移植−これからの課題− 上本 伸二
  11.今日の問題 人工肝臓開発の現況 澤 雅之


 臨牀看護2003年11月号 (第29巻第12号) 特集 肝臓手術を受ける患者の看護

  企画・構成:明石惠子(三重大学医学部看護学科)

  出版社: へるす出版

  内容:チームで取り組む合併症の管理 

  1.画像で理解する肝切除後の合併症    上本伸二,他(三重大学医学部第一外科)
  2.特集にあたって
   肝臓手術を受ける患者に対する看護の現状と課題 明石惠子(三重大学医学部看護学科)
  3.肝切除後の高ビリルビン血症・肝不全の事例 高野久里子,他(千葉大学医学部附属病院看護部)
  4.肝切除後の胆汁漏・腹腔内感染の事例 林 朋子,他(三重大学医学部附属病院看護部)
  5.肝移植後の拒絶反応の事例 松澤美穂(信州大学医学部附属病院看護部)
  6.ICUにおける肝移植患者の感染管理の事例 大原美佳,他(三重大学医学部附属病院看護部)
  7.合併疾患をもつ患者の肝切除の事例 坂尾雅子,他(金沢大学医学部附属病院看護部)
  8.肝臓手術の基礎知識
  9.肝臓手術患者のリスク評価と侵襲 三橋真紀子,他(信州大学医学部附属病院看護部)
  10肝切除の適応と起こりやすい合併症;肝外傷 鈴木麻未,他(大阪府三島救命救急センター看護部)
  11.肝切除の適応と起こりやすい合併症;良性・悪性疾患 田端正己,他(三重大学医学部第一外科)
  12.チームで取り組む肝臓手術患者の看護
  13.肝臓手術患者のクリティカルパス 鈴木久美子(宮城県立がんセンター看護部)
  14.外来における肝臓手術患者の看護;入院前・退院後 尾家亜紀(中津市立中津市民病院看護部)
  15.手術室における肝臓手術患者の管理と看護 小野幸子,他(三重大学医学部附属病院看護部)
  16.肝臓手術患者の呼吸管理 松木恵里(昭和大学医学部附属病院看護部)
  17.NST(栄養サポートチーム)と行う肝臓手術患者の栄養管理 福村早代子,他(尾鷲総合病院看護部)
  18.他部門とのコラボレーション 湯浅伸子(京都大学医学部附属病院看護部)
  19.肝臓手術患者のメンタルヘルス 川野雅資,他(三重県立看護大学看護学科)
  20.肝切除を受けた患者の術後の回復過程 明石惠子,他(三重大学医学部看護学科)
  21.成人生体肝移植に後の経過と栄養 片岡智子,他(三重大学医学部看護学科)
  22.海外文献からみた肝臓手術と看護に関する研究の動向 櫻井しのぶ,他(三重大学医学部看護学科)


 小児看護 1998−1月号(第21巻第1号) 特集 生体肝移植児のケア;現況と今後の展望をめぐって

  出版社: へるす出版

  内容:
  1.生体肝移植手術の実際 針原 康・他

  2.ICUにおける肝移植急性期の患児の看護 木下敬子・他
  3.生体部分肝移植手術後,胆汁瘻を合併した患児の看護 甲斐沢政美・他
  4.生体部分肝移植手術後,合併症を併発した患児の看護 石沢清美・他
  5.外科病棟における生体部分肝移植手術後の患児の看護 菅原光明・他
  6.食道静脈瘤破裂のため生体部分肝移植手術が早められた患児の看護 佐藤仙子・他
  7.亜急性型激症肝炎により生体部分肝移植手術を受けた患児のICUにおける看護 岩田広子
  8.先天性胆道閉鎖症により生体部分肝移植手術を受けた患児の看護 田渕タカ子
  9.生体部分肝移植手術のため遠隔地から緊急入院した乳児の看護 足立由起・他
  10.生体部分肝移植手術後の患児の看護 熊谷典子・他
  11.生体部分肝移植と生体腎移植を受けた患児のICUにおける看護と看護計画 道又元裕
  12.一般病棟における生体部分肝移植手術後の看護 出口香緒利
  13.肝移植の歴史 河原崎秀雄
  14.生体肝移植の適応疾患と禁忌,適応時期と術前管理;血液型不適合間の移植について 松尾洋一・他
  15.ドナー候補者の評価と選択;とくにサイズマッチングについて 島津元秀・他
  16.生体肝移植の手術方式
   (1) レシピエントについて 窪田達也・他
   (2) ドナーについて 猪股裕紀洋・他
  17.生体肝移植の術前管理と合併症 水田耕一・他
  18.生体肝移植のQOL 織井崇・他
  19.生体肝移植の現況と今後の展望 阿曽沼克弘・他



 コーディネーターのための臓器移植概説

  著者:白倉 良太、高原 史郎、芦刈淳太郎

  出版社:日本医学館  ISBN4-89044-362-2  (606ページ)

  内容:第1章 一般科目
        (T)医学概論、(U)心理学、(V)宗教学、(W)臓器移植ネットワークのシステム、(X)コーディネーターの役割・業務、(Y)移植医療の普及・啓発、
        (Z)臓器移植法と関連法規、([)社会福祉・社会保険制度
      第2章 基礎医学
        (T)移植にかかわる臓器・組織の解剖・生理、(U)薬理学、(V)病理学、(W)法医学・医事法学、(X)免疫学、(Y)微生物病学、(Z)生化学、
        ([)公衆衛生学
      第3章 臨床医学
        (T)移植医療総論、(U)救急医療と臓器提供、(V)ドナーとレシピエントの選択、(W)移植適応疾患・移植成績、(X)臓器保存、(Y)移植手技、
        (Z)術後管理一般、([)免疫抑制療法、(\)感染症、(])QOLと社会復帰、

     本書は単に医学的な事項だけでなく、コーディネーターに必要とされる心理学、宗教、法律等幅広くカバーしており、移植コーディネーター必携の書としてその育成、強化に大きくしするものである。
 「BOOK」データベースより
  

 決断 河野父子の生体肝移植

  著者:河野 洋平河野 太郎

  出版社: 朝日新聞社 ; ISBN: 4022579226 ; (2004/05/14)

  内容:発病から手術、そして回復への道程を二人の目からとらえた手記です


 信じる絆 行き続ける思い 生体肝移植  -真実の声-

  著者:肝移植体験者・医療者有志

  出版社:翔雲社 ISBN4-921140-50-2 ; (2004/08/20 

  内容:同じ体験をした患者としてお勧めの図書です


 臓器移植と看護

  
  編集:信州大学医学部附属病院看護部長 森田 孝子

  出版社:メディカ出版  ISBN4-89573-898-1 2000年02月

  内容:救急患者=ドナーの関係が深い生体肝移植の看護を中心に、臓器移植における看護の役割を検証し、解説。
      多数の事例を経て蓄積された信州大学看護部の臓器移植看護のノウハウをマニュアル化した実践書


 消化器科 第37巻 第6号(2003年12月発行)

  出版社: 科学評論社

  内容:
   
特集1 消化器疾患におけるNutrition Pharmacologyの現状と課題
   特集2 生体肝移植の適応と問題点
     (1) ウイルス性肝硬変および肝細胞癌における生体肝移植の適応と問題点 東京大学・消化器内科 建石良介、椎名秀一朗、小俣政男
     (2) 劇症肝炎およびLOHFにおける生体肝移植の適応と問題点 埼玉医科大学・消化器・肝臓内科 持田智、藤原研司
     (3) 原発性胆汁性肝硬変における生体肝移植の適応と問題点 金沢大学・消化器内科 平松活志、辻宏和、金子周一
     (4) 胆道閉鎖症における適応と問題点 東北大学・先進外科 関口悟、川岸直樹、藤盛啓成、里見進
     (5) 先天代謝異常症における生体肝移植の適応と問題点 国際医療福祉大学附属熱海病院・小児科 藤澤知雄、乾あやの、十河剛
     (6) 生体肝移植におけるドナーの術前評価 京都大学・消化器内科 鍋島紀滋、千葉勉 移植外科 田中紘一
     (7) 生体肝移植における臨床的諸問題
 東京大学・人工臓器・移植外科 菅原寧彦、幕内雅敏
     (8) 生体肝移植における晩期合併症とその対策
 京都大学・消化器内科 八隅秀二郎、千葉勉
     (9) 生体肝移植の現状と将来
 京都大学・移植外科 田中紘一、石川千佳、笠原群生


 消化器外科の標準看護計画

  編著:金沢大学医学部附属病院看護部

  出版社:メディカ出版 ISBN4-8404-1287-1 「消化器外科ナーシング2005年春季増刊」 2005年04月発行

  内容:消化器外科主要疾患の標準看護計画15例をチャートや図解で分かりやすく紹介してあります。
   00 消化器系手術の術後管理の標準計画
  
 01 食道癌患者の標準看護計画
   02 胃癌患者の標準看護計画
   03 虫垂炎患者の標準看護計画
   04 イレウス患者の標準看護計画
   05 大腸癌患者の標準看護計画
   06 肝臓癌患者の標準看護計画
   07 胆嚢癌患者の標準看護計画
   08 胆石症患者の標準看護計画
   09 膵臓癌患者の標準看護計画
   10 脾臓摘出術を受ける患者の標準看護計画
   11 肝移植患者の標準看護計画
   12 PEG造設患者の標準看護計画
   13 EMR患者の標準看護計画



 別冊NHKきょうの健康 「肝炎・肝硬変・肝がん 治療法はここまで進んだ!」

 
 著者:総監修 林紀夫(大阪大学大学院教授) 

  出版:NHK出版 ISBN4-14-794141-9 2006年2月16日発売

  内容:C型肝炎のペグインターフェロン・リバビリン併用療法、B型肝炎のアデホビルピボキシル、肝がんのラジオ波焼灼療法などの新治療について、専門医がやさしく詳しく解説してあります。



 C型肝炎ウイルスと生体肝移植 (伊豆肝臓カンファレンス記録集)

  編集:市田 隆文

  出版:アークメディア ISBN:9784875831020 (4875831021) 2005/12

  内容:2004年12月に開催された「第1回伊豆肝臓カンファレンス」の記録集です。多方面からC型肝炎ウイルスが何ゆえに生体肝移植後、再感染し、進行し、短期間に肝硬変へ進展したり、重症肝炎になるのかを論じています。


 

 いのちを伝える臓器移植看護

 編著:櫻庭 繁・林 優子(京都大学医学部保健学科)

 出版:メディカ出版 ISBN:4-8404-1797-0 2006105日発行

 内容:

  T章 臓器移植医療の概観

  U章 臓器移植におけるチーム医療

  V章 臓器移植患者をとりまく諸問題

  W章 臓器移植医療における看護の役割と実際


 小児看護 2010年6月号 特集 子どもの生体肝移植をめぐる現状と看護実践

  出版社: へるす出版

  内容:
   1.子どもの生体肝移植の手術術式 笠原群生
   2.生きることを支える移植医療をめざして 田村恵美
   3.基礎知識
    (1)移植医療と子どもの生体肝移植;現状と今後の課題 水田耕一 
    (2)生体肝移植における子どもの権利と倫理的課題 堀 哲夫
    (3)生体肝移植の適応疾患と術後管理 米川幸秀,他
    (4)移植後の免疫抑制剤の長期管理とQOL 藤代 準
    (5)子どもの生体肝移植におけるドナー候補者の評価と選択 福永 潔,他
   4.生体肝移植を受けるまでの看護実践
    (1)生体肝移植を受ける子どもの看護ケアのポイント;子どもの意思決定支援とインフォームド・アセント 田村恵美
    (2)ドナーとなる家族への意思決定支援と家族ケア 添田英津子
   5.術直後(急性期)での看護実践
    (1)生体肝移植を受けた小児への集中治療室における看護ケアのポイント 平松八重子
    (2)生体肝移植におけるドナーとその家族への看護ケアのポイント 萩原邦子,他
   6.退院時・外来通院での看護実践
   7.小児肝臓移植コーディネートの実際 中里弥生
   8.各施設での取り組み
    (1)移植医療における家族とのかかわりとサポートケア 大ケ谷有理子,他
    (2)移植医療のなかでの子どもと家族への取り組みとトータルケア市川雅子,他
   9.トピックス
    (1)小児の脳死と臓器移植にかかわる諸問題 荒木 尚,他
    (2)小児の脳死と臓器移植にかかわる諸問題;移植コーディネーターの立場から 鮫島由紀子
    (3)小児における生体肝移植の現状と脳死肝移植の必要性 岡本晋弥,他
   10.関連寄稿 体験者の声
    (1)レシピエントの立場から;葛藤の末に移植,そして母に 安田淳子
    (2)ドナーの立場から;One for All, All for One 新しい命をありがとう 小見恒江
   

 よくわかる最新医学 新版C型肝炎B型肝炎

  著者:中嶋 俊彰

  出版:主婦の友社 ISBN:978-8-4-257408-9 2009/2

  内容:大学の講義でも話している高度な内容を分かりやすく解説されています。



ホームページ トップ 自己紹介・ニュース 入院履歴 肝機能推移 血糖値推移
診断、病状 余命 ドナー条件 インホームドコンセント 手術方法
手術経過 薬暦情報 ドナー 入院〜退院 ICUでの患者の状態 手術後の経過
肝移植ドナーとなって リンク 肝移植関連図書 あとがき、PDF版 生体肝移植モーツァルト
分杭峠・肝炎ウィルス 肝性脳症体験談 生体肝移植費用 移植後の食事 ウィルスの再熱と治療
合併症 障害者福祉制度等 きんかんの会  肝移植治療成績  血液不適合 アンケート
検査値の読み方 脳死肝移植  体験者講演会  晩期合併症