18.2 生体肝移植後のC型肝炎ウィルスの再熱と治療

  生体肝移植後は、17.1エピソード2「分杭峠とC型肝炎ウィルス」でも述べた様に、ウィルスの完全消滅はありませんでした。
  そのため、平成19年の2月2日より、リバビリン併用のペグインターフェロン治療を開始することといたしました。
  当初は、治療効果が認められませんでしたが、2ヶ月後の4月頃からウィルスの減少が確認されてきました。。

  治療効果と副作用は下のグラフのとおりであり、血液検査の結果は第4章「肝機能推移」を参照願います。

  平成19年10月以降、HCVRNA定量が感度以下にまで減少しました。また、ウィルス判定も平成20年4月以降は感度以下になり、平成21年4月にリバビリン併用のペグインターフェロン治療を終了いたしました。
  平成22年08月現在、治療終了から2年4ヶ月が経過しましたが、C型肝炎ウィルスの再熱はありませんでした。今後も再熱しないことを願っております。

   H19.1.18 H19.1.22 H19.1.25 H19.1.29 H19.2.2 H19.2.16 H19.2.23 H19.3.2 H19.3.9 H19.3.23 H19.4.6 H19.4.20 H19.5.09 H19.5.25 H19.6.15 H19.7.13 H19.8.17 H19.9.07
ALT(GPT) 26 20 24 23 23 23 23 24 25 19 20 24   23   24 29 17 14 20
Hb 10.7 10.6 11.1 10.6 11.3 11.8 11.3 11.5 11.3 11.4 11.2 11.3 10.9 11.1 11.1 11.4 10.5 10.8
WBC×10 1.7 1.9 2.2 2.1 2.1 2 2.1 1.7 1.7 1.5 1.6 1.5   2.2 2.6 1.9 3.3 2.3 2.3
Neutrophil 52.7 50 39.3 45.2 52.9 42.5 56.3 58.9 64.3 53.3 51.2 53.9  48.3 51.3 57.2 75.1    70.1
Neutrophil数 0.9 0.9 0.9 0.9 1.1 0.9 1.2 1 1.7 1.5 0.8 0.8   1.1 1.3 1.1 2.4    1.6
血小板×10 70 70 78 73 76 62 61 59 62 56 56 57   60 60 69 77 62 50
HCVRNA定量 864            733    763       294     250     82 2.7 0.2   

   H19.10.05 H19.11.05 H19.12.14 H19.12.28 H20.01.25 H20.02.22 H20.03.21 H20.04.18 H20.05.12 H20.06.13 H20.07.11 H20.08.08 H20.09.12
ALT(GPT) 15 13 14 18 17 18 17 21 21 21 17 18 18
Hb 10.7 9.8 11.3 10.4 11.4 11.1 10.9 11.1 10.3 10.9 10.6 10.6 10.6
WBC×10 2.0 3.2 2.3 2.0 1.9 1.9 1.8 2.1 1.4 1.4 1.6 2.0 2.1
Neutrophil 62.5 82.1 72.4 54.1 67.0 62.6 64.0 61.8 65.9 63.9 69.3 66.0 62.9
Neutrophil数 1.3 2.7 1.7 1.1 1.3 1.2 1.1 1.3 0.9 0.9 1.1 1.3 1.3
血小板×10 55 53 76 70 74 71 69 84 88 70 74 75 95
HCVRNA定量 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
HCVRNAタックマン               0 0 0 0 0 0
HCVRNA判定 +  + +  + + 感度以下 + 感度以下 感度以下 感度以下 感度以下 感度以下 感度以下



   H20.10.10 H20.11.07 H20.12.16 H21.01.16 H21.02.13 H21.03.13 H21.04.17
ALT(GPT) 17 13 13 21 19 15 18
Hb 10.5 10.1 10.4 10.1 10.6 10.6 10.8
WBC×10 2.0 1.0 3.2 1.9 1.9 3.7 1.9
Neutrophil 68.4 67.8 76.2 70.7 61.2 79.6 63.2
Neutrophil数 1.4 1.2 2.4 1.4 1.2 3.0 1.2
血小板×10 85 81 121 87 79 91 104
HCVRNA定量 0 0 0 0 0 0 0
HCVRNAタックマン 0 0 0 0 0 0 0
HCVRNA判定 感度以下 感度以下 感度以下 感度以下 感度以下 感度以下 感度以下

 HCVRNAタックマン(Taq Man)法:C型肝炎の新しいウィルス検査方法です。
 以前の最も精密な定性検査で治療終了時に陰性であった人でも、さらに敏感なタックマン法で検査すると10%程度にウィルス残存があったと言う報告があります。

 H20.9.12時点での治療方法 RBV 600mg/日 PEG-IFN 50μg/週 ペグイントロン(50) 0.5ml皮下注
 H21.4.10終了
  
 ★ 生体肝移植後の治療と効果

  分杭峠での自然治療、リバビリン併用のペグインターフェロンによる化学治療により、C型肝炎ウィルスは、下のグラフの様に推移してきました。
 

  C型肝炎ウィルスが陰性化したので、平成21年4月10日にリバビリン併用のペグインターフェロン治療を終了いたしました。

     

 ★ インターフェロン療法

 1.リバビリンとペグインターフェロンの併用療法

   リバビリンは内服の抗ウイルス剤です。「リバビリン」はいわゆる一般名で、商品名は「レベトール」といいます。
   インターフェロンと併用することにより、C型肝炎ウィルスの排除効果が増強されます。

   ペグインターフェロンは、インターフェロンに(ペグ)という物質を結合させ、安定したインターフェロンの血中濃度を維持し、週1回の注射で優れた効果が得られるように作られた新しいインターフェロン製剤です。

 2.効果と副作用

   効果:ペグインターフェロンとリバビリンとの併用療法により、従来のインターフェロン療法では効果の低かったウイルス遺伝子型ジェノタイプ1型(セログループ1)かつウイルス量の多い患者にも高い治療効果が期待できます。

   副作用:インフルエンザ様症状(発熱、悪寒、全身倦怠感、頭痛、関節痛)、食欲不振等の消化器症状、精神神経症状、間質性肺炎等の症状が現れます。

 3.検査値の異常

  以下の検査値に異常が現れるようになります。
  (1)ヘモグロビン減少(Hb):正常値 13〜18g/dl(男)11〜16g/d(女)
  (2)白血球減少(WBC):正常値 3,100〜9,000/mm
  (3)好中球減少(Neutrophil):正常値 1,200〜5,800/mm
  (4)血小板減少:正常値 14万〜38万個/mm3 (140〜380×10
 
  私の場合は白血球、血小板減少が見られます。

 4.インターフェロン医療の公的助成

   平成20年(2008年)4月から、B型及びC型肝炎ウイルスの除去を目的とするインターフェロン治療を受けられる方に対して、医療費の公的な助成制度が新しく始まりました。ペグインターフェロンとリバビリンの併用療法もこの助成の対象です。
   平成21年(2009年)4月には一部改定が行われ、さらに利用しやすくなりました。
  (1)助成の対象
   B型及びC型肝炎ウイルスの除去を目的として行うインターフェロン治療で、保険適用となっているもの(初診料、再診料、検査料等を含む)が対象となります。
   (注)医療費助成を受けるためには、県が発行する受給者証が必要となります。また、インターフェロン治療とは無関係な治療は対象となりません。
  (2)自己負担額
    所得に応じて負担額が異なります。
                           自己負担限度額表

階層区分

自己負担限度額(月額)

世帯の市町村民税(所得割)課税年額が65,000円未満の場合

10,000

世帯の市町村民税(所得割)課税年額が65,000円以上235,000円未満の場合

30,000

世帯の市町村民税(所得割)課税年額が235,000円以上の場合

50,000

    インターフェロン治療にかかる薬剤費、診察費、入院費などの自己負担の上限を、収入に応じて月額1〜5万円とし、残りの費用を国と自治体が負担します。
     2009年4月からは、自己負担の上限額を決める所得階層区分の算定の基準(注1)が変更され、また助成期間は最長1年間とされていましたが、一部の患者さん(注2)については最長1年6カ月に延長されました。
    (注1)「住民票上の世帯全員の市町村民税課税年額の合算」から「原則として住民票上の世帯全員の市町村民税課税年額の合算、ただし税制上・医療保険上の扶養関係にないと認められる者については、当該「世帯」の市町村民税額の合算対象から除外できる」に変更。
    (注2)一定の要件を満たし、医師が、ペグインターフェロンとリバビリンの併用療法の延長投与(72週投与)が必要と認める患者。
  (3)申請
    助成を受けるには申請が必要です。
    実際に必要となる書類や書類の提出先は、都道府県ごとに異なります。詳しくは、各都道府県及び担当医師等に問合せて願います。
    参考 厚生労働省:「インターフェロン治療に対する医療費助成」
        石川県:石川県 健康福祉部 健康推進課 肝炎医療費助成 ホームページ
     
    申請が認められれば、肝炎インターフェロン治療受給者証が交付されます。


ホームページ トップ 自己紹介・ニュース 入院履歴 肝機能推移 血糖値推移
診断、病状 余命 ドナー条件 インホームドコンセント 手術方法
手術経過 薬暦情報 ドナー 入院〜退院 ICUでの患者の状態 手術後の経過
肝移植ドナーとなって リンク 肝移植関連図書 あとがき、PDF版 生体肝移植モーツァルト
分杭峠・肝炎ウィルス 肝性脳症体験談 生体肝移植費用 移植後の食事 ウィルスの再熱と治療
合併症 障害者福祉制度等 きんかんの会  肝移植治療成績  血液不適合 アンケート
検査値の読み方 脳死肝移植  体験者講演会  晩期合併症