5.血糖値推移

    肝機能が低下するとともに、足の浮腫みも増えてきました。浮腫みを取るために利尿剤を服用を始めた頃から
  血糖値が上昇し、1997年(平成9年)から血糖値の増加を抑制するため、インスリン注射による治療が開始しま
  した。
    血糖値の推移を以下のグラフに示しました。また生体肝移植手術後の血糖値の推移も示してみました。

血糖値グラフ

ChartObject 血糖値推移


生体肝移植後の3ヶ月間の血糖値推移 (H15.5.1〜H15.8.31)     手術日H15.3.27

ChartObject 血 糖 値 1

     インスリン量 H15.5.1〜5.11:R6,R6,R6(朝,昼,晩)(R6:ヒューマログ6単位)  5.12:R6,R6,中止 5.13〜5.18:中止
              5.19:中止,中止,R6 5.20:R6,R8,R8 5.21〜5.27:R8,R8,R8 5.28〜6.17:R12,R12,R8
              6.18〜7.16:R16,R16,R10 7.17〜8.31:R16,R18,R10  H16.11.9時点:R6,R8,R8

ChartObject 血 糖 値 2

ChartObject 血 糖 値 3

  平成28年5月時点での血糖値は、空腹時で130〜140と、やや高くなりましたが安定しています。
  インスリン注射は現在も継続しており、ノボラピットを1日3回食前に12単位注射しています。



ホームページ トップ 自己紹介・ニュース 入院履歴 肝機能推移 血糖値推移
診断、病状 余命 ドナー条件 インホームドコンセント 手術方法
手術経過 薬暦情報 ドナー 入院〜退院 ICUでの患者の状態 手術後の経過
肝移植ドナーとなって リンク 肝移植関連図書 あとがき、PDF版 生体肝移植モーツァルト
分杭峠・肝炎ウィルス 肝性脳症体験談 生体肝移植費用 移植後の食事 ウィルスの再熱と治療
合併症 障害者福祉制度等 きんかんの会  肝移植治療成績  血液不適合 アンケート
検査値の読み方 脳死肝移植  体験者講演会  晩期合併症