18.3.2 生体肝移植と合併症2 悪性リンパ腫

  今年(平成26年)の1月9日頃から、顎(あご)の下にしこりが出来ました。
  病院に行って検査して頂いた結果、「悪性リンパ腫」(血液の癌)と診断されました。
  「悪性リンパ腫」のタイプは、「非ホジキンリンパ腫」の「びまん性大細胞型Bリンパ腫(DLBCL)」でした。
  治療法は、R−CHOP療法
です。(抗がん剤治療の実施)
  原因は、免疫抑制剤の長期服用による副作用らしいです。私達「肝移植者友の会」の会員にも同一の事例がありました。

  私の様に副作用で苦しんだのは、インターフェロン治療の影響もあるみたいです。
  通院も可能の場合もありますので、悪性リンパ腫が発症したとしても、心配しないで治療を受けて下さい。
私の様な場合でも治りましたので。

  3月10日に入院し、3月17日より本格的な治療が開始されました。
  経過は、下表のとおりです。 

年月日 検査および治療内容
2014年1月9日 左頸部耳下に腫瘍確認
2014年1月10日 CT検査および抗生剤服用(腫瘍部に効果なし)
2014年1月21日 CT検査(腫瘍の大きさ等の確認) 頸部生検(頸部生検口蓋扁桃部生検(病変なし) 
悪性リンパ腫疑いPET検査予約 
2014年1月28日 PET検査
2014年2月10日 PET検査結果(左頸部耳下腺近傍および左鎖骨上に病変を認める 他では認められない)、頸部リンパ節生検(手術)
2014年2月17日 非ホジキンリンパ腫 びまん性大細胞B細胞リンパ腫と診断、R−CHOP療法にて治療予定
骨髄穿刺、骨髄生検および胃カメラ予約、生検後の抜糸
2014年2月18日 胃カメラ検査 検査結果:腫瘍なし
2014年3月3日 骨髄穿刺・骨髄生検結果 骨髄に悪性リンパ腫なし
2014年3月10日 入院 心電図、レントゲン、CT(頸下〜骨盤)
2014年3月11日 心エコー B+M+D、B型肝炎ウィルス再熱防止剤バラクルード錠0.5mg追加、血糖コントロール変更
2014年3月12日 大腸スコープ TCF、皮膚生検腹部)、2回目の骨髄穿刺・骨髄生検
2014年3月13日 治療についてのインフォームドコンセント 病期U期,、治療期間4〜6ヶ月(治療効果により変動あり)
2014年3月17日 治療開始 リキシマブ(商品名:リツキサン)投与(初期に悪寒、発熱あり 投入スピード調整後異常なし)
2014年3月18日 CHOP(エンドキサン、ドキソルビシン、オンコビン、プレドニン)療法開始
2014年3月18日〜22日 プレドニンのみ継続服用
2014年3月17日〜4月6日 1コース終了(1コース21日間 残り5コース)
2014年4月7日〜4月27日 2コース終了(残り4コース 頑張れ)
2014年4月28日〜5月17日 3コース終了(5月14日転院 折り返し地点にきた〜)
 2014年5月18日〜5月25日 1週間の休養を頂く
2014年5月26日〜6月14日 4コース終了
2014年6月15日〜6月29日 2週間の休養を頂く 6月19日PET検査の結果 寛解状態と確認
2014年6月30日〜7月20日 5コース終了 寛解状態を受け安全性を考慮し、抗がん剤の減量治療開始 2日間休養
2014年7月23日〜8月12日 6コース終了
2014年8月15日 退院!
2014年10月8日 PET検査の結果 全身のFDG分布に明らかな異常集積なし。病変の残存は認められない。寛解状態と確認

 腫瘍の変化状況     

   5月     
 
 2014/02/12     2014/02/21     2014/03/07           2014/03/17治療開始日朝      2014/03/19治療3日目朝 
 腫瘍はわずか。  徐々に拡大して   顎の半分近くまでに拡大  顎から耳下および首筋裏まで拡大  写真では見難いですが顎下から
 生検の後がみえ  ます。         し硬いです。            し非常に硬くなりました。     耳下、首筋にかけ、かなり膨らみ
 ます。                     3月10日時点での腫瘍の                        が減少し大分柔らかくなりました。
                          大きさ10cmです。

         

           2014/03/20 治療4目目昼                2014/04/05                   2014/04/13
    横から見ても腫瘍はかなり小さくなってきました。          1コース終了時です。             抗がん剤治療により
      正面から見ても少し膨らんでいる程度です。          顎のラインが見えてきました。         玉手箱を開けた後
    おい!腫瘍じゃなくて二重顎?もっと痩せな〜          腫瘍は分からないようなりました。    1回の洗髪で殆ど抜けて老人に。
                                         入院時から4kg減量いたしました。

                                          2014/06/09 10kg減量しました。

 PET検査画像

  
   左頸部耳下腺近傍および左鎖骨上の2箇所に悪性リンパ腫が発生。                    悪性リンパ腫が寛解状態となりました。

   寛解とは:「症状が一時的に軽くなったり,消えたりした状態です。このまま治る可能性もあります。場合によっては再発するかもしれません」


 血液検査値推移

    WBC:白血球 Neutrophil数:好中球数 RBC:赤血球 Hb:ヘモグロビン LDH:乳酸脱水素酵素 ALP:アルカリホスファターゼ
    各種検査項目は「検査項目と検査内容」を参照願います。
  
                       3月10日入院 3月17日1コース治療開始                4月7日2コース治療開始
 
            4月28日 3コース治療開始             5月26日 4コース治療開始

  
   8月15日退院いたしました。

   6月4日 血小板輸血    6月6日 白血球減少(0.1)のため、感染防止を考慮し大部屋から個室へ  6月7日 血小板、赤血球輸血   
   各正常値 血小板:130〜400、赤血球(RBC):4.10〜5.20、白血球(WBC):4.0〜9.0   8月1日3回目の血小板輸血

    6月6日 検査データ
     


    Netrophil数(好中球数)は、白血球の一種です。(WBC×W−NE%)
    好中球は炎症性サイトカインや細菌・真菌類の成分に対し遊走性を示し、炎症部に集合し、細菌・真菌等の異物の貪食・殺菌・分解を行い生体を防御する。 
    ウィキペディアより。

 


ホームページ トップ 自己紹介・ニュース 入院履歴 肝機能推移 血糖値推移
診断、病状 余命 ドナー条件 インホームドコンセント 手術方法
手術経過 薬暦情報 ドナー 入院〜退院 ICUでの患者の状態 手術後の経過
肝移植ドナーとなって リンク 肝移植関連図書 あとがき、PDF版 生体肝移植モーツァルト
分杭峠・肝炎ウィルス 肝性脳症体験談 生体肝移植費用 移植後の食事 ウィルスの再熱と治療
合併症 障害者福祉制度等 きんかんの会  肝移植治療成績  血液不適合 アンケート
検査値の読み方 脳死肝移植  体験者講演会  晩期合併症