カトウセイサクショカンパニー
  
  
株式会社カトウセイサクショカンパニー(加藤製作所)は、世界でも珍しいセルロイドの筆記具メーカーでした。
  1961年ごろ「スペースマン」という自社ブランドで輸出していました。また、エジプトのアレキサンドリアに現地工場を所有していたこともあります。
  更に、ビスコンティ社の「レオナルド・ダ・ヴィンチ」「ラグタイム」「ポンテベッキオ」「マンハッタン」はここで作られたものです。

  唯一の職人でもある加藤清氏は、2010年1月23日亡くなられました。謹んでご冥福をお祈りいたします。
  加藤さんは、私にとっては、気さくな浪速のお爺ちゃんと言うイメージがあります。

  写真1
  
   
故加藤清氏と私   2008年11月2日撮影   故加藤清氏と奥様               作業場にて

  私が所有している筆記具は、写真3の右側3本以外は全て加藤さんが製作した物です。
  特にセルロイド万年筆が好きですね。
セルロイドペンの説明書

  
写真2

   左から1本目、4本目及び6本目はビスコンティのペン先付き。左4本はラグタイム柄で時代によりクリップの長さが違います。
   7本目は数年間乾燥させ彫刻を施した柿の木万年筆 ”松鶴 ”。
   8本目は象牙、右側から2本目及び3本目はオランダ水牛です。右端は写真8参照願います。

   写真3
 
   左側9本はカトウセイサクショカンパニー製の万年筆。右側から4本目5本目は中東時代の物(スペースマン)です。
   右側3本はパイロット社製。般若心経の万年筆・ボールペン及びパイロット創立65周年記念万年筆です。

  写真4
 
    レインボーの万年筆・ボールペン・シャープペン、カレイドスコープの太軸サイズの万年筆・ボールペン×2・シャープペン
    ペリカンの万年筆・ボールペン・シャープペン、ブルーマーブルの万年筆・ボールペン

   特注のブルーマーブルの万年筆とボールペンは同形ですが、キャップの天ビスが異なります)
    

  写真5
 
 
  
  
写真6
 
  右端はペン先付きですが、クリップなしの未完成品
  左から6本目はビスコンティ社納入見本で試作品ナンバー付き 写真7は拡大したもの

  写真7
 

 カトウセイサクショカンパニー製の筆記具の種類
  写真8 
 
   左側2本は軸が大きいサイズの14金ペン先とスチール/ゴールドプレートペン先付きの万年筆
   中サイズのインク窓なしと窓付きの万年筆、小サイズの万年筆
   大、中、小サイズのボールペン、シャープペン、右端が鉛筆補助軸
   販売時は○○シリーズとして販売されています。(例:2500シリーズ太軸、2000シリーズ等)

  
写真9
 
 
  
 この万年筆(写真2の左から6本目)は故加藤氏所有の物を譲ってもらいました。(継ぎ目のないセルロイド削り出しです)
   上段の写真左側(尾栓部分)の黒い物は、故加藤氏に特別に作ってもらったものです。
   ペン先は、セーラー・ペンクリニックの時、ペンドクターの川口明弘氏に調整して頂きました。

  写真10
    写真2右側から4本目及び写真4右側から5本目の証明書です。

  
  
写真11
    
左3本は加藤さんが所有していた漆の万年筆を、遺品として奥様から頂きました。
  

  
写真12
 
 加藤さんが展示用として使用していたパネルを頂きました。
  

 
写真13
  
  
 材料のセルロイドです。

    

写真14


  スペースマンのペンスタンド(展示品を譲って頂きました)

写真15                                  写真16
  
    中東時代の看板                         スペースマンのポスター

  写真17
  
 
  上の写真は、圧縮のため見難いですが、表紙及び4ページです。スペースマンのカタログ(16ページ3.91MB)

  写真18
  
  スペースマンの万年筆及びボールペン。(一部重複表示となっています。)

  写真19
  
   各種ケース 左側は12本用ケース、右側中段及び下段はスペースマン時代のケースです。

写真20

  コンウェイ・スチュアートからのボールペン(Acrylic Resin Ball point pens)の注文書です。(数量、単価等はマスクしてあります)
  実物は写真21参照願います。(写真5の右端)

写真21
  

  加藤清さんについて取り上げた書籍の一部を紹介いたします。
   1.「万年筆の達人」 著者:古山浩一 竅iエイ)出版社 この一冊で加藤氏の全てが分かると思います。
   2.「[日本産]万年筆型録」  株式会社六耀社 カトウセイサクショカンパニーの殆どの商品が写真付で紹介されています。
   3.「ラピタ 2003年4月号」 小学館 社名の由来などが書かれています。
   4.「LEONレオン 2002年2月号」 主婦と生活社 ビスコンティも手がけた職人加藤氏のことが書かれています。
   5.「パル・ライフ 24号 2004・冬」 大成建設 加藤氏への取材記事が書かれています。
   6.「101本の万年筆」 監修者:すなみまさみち 著者:中島茂信 Pen Books no.025にビスコンティと加藤氏との係わりについて書かれています。
   7.「趣味の文具箱9」 竅iエイ)出版社 セルロイド万年筆の魅力と加藤清さんについて書かれています。
   8.「趣味の文具箱16」 竅iエイ)出版社 「加藤清さんと10本のペン」について書かれています。
   9.「Lmagazine 2009年1月号」 京阪神エルマガジン社 蒼井優さんが持つカレーイドスコープが表紙・目次を飾っています。本文は22,23頁に。
  10.「頑張る日本の文房具」 株式会社ロコモーションパブリック 若い頃の加藤清さんの写真や中東時代の事が書かれています。
  11.「B−ing SPECIAL 2007年1月」 RECRUIT 加藤清さんのこだわり等について書かれています。

   インターネット(万年筆評価の部屋加藤セイサクショカンパニーのキャップ式ボールペンル・ボナーの一日 カトウセイサクショカンパニー関心空間Amity's SelectionPen-housePen and messageワキ文具店)等でも紹介されています。

  ニュース
   東京の国立歴史民俗博物館で平成28年3月8日〜5月8日まで「万年筆の生活誌 −筆記の近代ー」と題した万年筆の企画展示会が行われました。
    https://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/old/160308/index.html
  また https://youtu.be/ecNpWovXumg  1分25秒あたりでカトウセイサクショカンパニーが出てきます

  お遊び
    市販の物には遠くおよびませんが、加藤さんから頂いた万年筆部品で作ったアクリル製のスケルトン万年筆
  



ホームページ トップ 自己紹介・ニュース 入院履歴 肝機能推移 血糖値推移
診断、病状 余命 ドナー条件 インホームドコンセント 手術方法
手術経過 薬暦情報 ドナー 入院〜退院 ICUでの患者の状態 手術後の経過
肝移植ドナーとなって リンク 肝移植関連図書 あとがき、PDF版 生体肝移植モーツァルト
分杭峠・肝炎ウィルス 肝性脳症体験談 生体肝移植費用 移植後の食事 ウィルスの再熱と治療
合併症 障害者福祉制度等 きんかんの会  肝移植治療成績  血液不適合 アンケート
検査値の読み方 脳死肝移植  体験者講演会  晩期合併症  
 
     趣味の部屋へ