趣味の部屋

 
移植とは関係ありませんが、糸田敬弘の趣味を紹介いたします。

 ★オーディオ製作
  クラッシク音楽を聴くための音響装置でアンプは殆ど自作です。
  大昔の音響装置ですが、狭い我家で聴く分には十分です。
  真空管の音が好きなアナログ人間です。

  ◇アンプ

    LUXMAN キット KMQ8(6RA8PPステレオパワーアンプ)、エレキット TU-888(KT88シングルパワーアンプ用 1997年 500台限定) 
    自作アンプ 6BX7PPステレオパワーアンプ オールGT管で作ってみました。
    LUXMAN 真空管プリアンプ CL-32、真空管の音に近いと言われているLUXMAN プリメインアンプ SQ505Xです。
    押入れを整理していましたら、パイオニア プリアンプ SC-70が出てきましたので、コンデンサーおよびスイッチを取替えた所、問題なく動作してます。
    更に、息子からカマデンのTA2020-020キットを貰って、遂にディジタルアンプを自作してしまいました。

    各アンプの回路図

  

   ◇レコードプレーヤー

    

  レコードプレーヤーは、マイクロ精機のDD−7(DD−7取扱説明書)、レコード針は、DENONのDL-103DL-103R、オーディオテクニカのAT15Ea/GおよびSHUREのM44Gです。

   (DD−7のカバー開閉部分は、ひび割れ防止のためアルミ板で補強してあります。
トーン・アーム・リフトは、オーディオテクニカのAT-6006です。
  ターンテーブルシートは、マイクロ精機CU-180。スタビライザーは、マイクロ精機ST-10およびハイブリッドスタビライザーのHS-5500(真鍮+銅)です。
  
MC型カートリッジ用ヘッドアンプは、DENONのHA-1000を使用し、MC昇圧トランスのAU-310およびAU-320も所有してます。

   ◇スピーカー

    山水のSP-50がメインです。もっと大きいスピーカーが欲しいが、部屋が狭いので置けない。
    TechnicsのEAS-5HH17、Fostexの6N-FE103(ボイスコイルに6N 99.9999%(6N)の無酸素銅)を使用、YK10W(1ウェイ 1スピーカー(FE103 10cmフルレンジ) 1ドロンコーン キットモデル
    および山水のSP-10です。

    

 ★レコード鑑賞

   主にモーツァルトの音楽を聴いています。
   詳しくは17.1章「生体肝移植とモーツァルト」を参照願います。
   モーツァルト以外ではブルックナー、マーラー、ブラームス、チャイコフスキー等です。
   好きな指揮者は、クナッパーツブッシュ、ベームです。  
  
 ★鉄道模型

  孫にたのまれ作ったNゲージシナリーです。
  
  

  Nゲージ手持ち車両
  

   マイクロエースED76551の加工
   

  HOゲージでは、下の物を作りました。
  機関車は、門鉄デフC55、C56、C57、EF81、EF66、ED70で、客車は、ナハ10×2、ナハフ10×2、ナロ10、ナハネフ10、オユ10等です。

  私は、蒸気機関車が特に好きですな。
  C55蒸気機関車は、C57バラキットを仕事の合間を見ながら2年がかりで作った後、門鉄デフ付きのC55に改造した物です。
  スノープロウ
とタブレットキャッチャー(北海道型)も付けたのでミスマッチですが、C552号機は北海道、九州を走ったのでOKでしょう。
  (細身の体にボックス動輪を履き、円熟味溢れる貴婦人のC57も好きですが、私個人としては、門鉄式のディフレクターを付け、スポーク動輪を履いたC55は、日傘をさした上品な淑女の様で好きですね。まるでクロード・モネの「日傘の女」みたいです。しかし、一方では、冬の最北の地を走るC55は、スポーク動輪に雪を絡ませ、じゃじゃ馬のごとく力強いものがありますね。流線型C55は、ダイエット失敗の感があります。あくまでも個人の感想です。)

  C57は、金沢にいた5号機のナンバーを付けたC575号機です。
  C56は、「冬の北陸ときめき号」として走ったC56160号機としました。

    
  
  

  ◇鉄道模型用コントローラ

    鉄道部品を使った自作のコントローラです。マスター・コントローラ(日立製)は北陸鉄道7000系で使用していた物です。
    マスター・コントローラ(マスコン)の下の部分を切断し、ロータリースイッチを追加しました。
    ブレーキハンドル(三菱製)にもロータリースイッチを追加しました。ブレーキハンドルはDD51自弁ハンドルです。

     これの他にもTOMIXのトランジスターコントローラ DU―1(改造)、DU―2等を使用しています。

   

  

 ★カメラ

  これまたアナログ志向のカメラばかりです。
   (ニコンF3、F2、F、F−801s、FE) 
  お気に入りはニコンのF2です。
  
  ニコンF2にFアイレベルファインダーを取付けました。銘板はF2の銘板でなく、エッチング板で作成しました。
  
F2の下にあるものも自作品です。レンズやフードを付けたままでも上の写真のとおり自立してます。
  

  各種ニコンフィルムカメラの仕様です。

   
          オリンパスXA2、XA、コンタックスT2ゴールド60周年記念モデル                           FUJIFILM X30 ニコン D5100
                                                                       X30の下にニコンのAH-2三脚アダプターをつけています。
   これらのカメラの他に、ニコマートFT2も持っています。(持ち過ぎじゃないのと妻に叱られています)                  
   ちょっとしたお出かけ用としては、X30の一台で十分ではないかと思います。

   手持ちのレンズです。殆どが大昔のマニュアルレンズです。今時の明るいレンズが欲しい。(我が家の財務大臣の許可がおりない)
  
   好きなレンズは、28mmF2.8、TamronSP90mmF2.5ED180mmF2.8そして世界初のワイドズーム28-45mmF4.5でしょうか。


 ★万年筆

  特にセルロイド万年筆が好きですね。
  主に
カトウセイサクショカンパニー(故加藤清氏)が製作した物です。

  
   (上段:12本全てカトウセイサクショカンパニー製。右側から2本目、3本目はオランダ水牛、5本目は本象牙です。
        左から6本目はビスコンティの名あり。7本目は数年間乾燥させ彫刻を施した柿の木万年筆 ”松鶴 ”。
    下段:右側3本はパイロット社製。後の9本はカトウセイサクショカンパニー製です。
    
  
 ★九谷焼

  九谷焼の酒盃が中心です。写真以外にも沢山あります。

  

 ★天体望遠鏡

  彗星観察用の持ち運びに便利なフローライトレンズを使用したビクセンのFL-70Sです。
  小さな望遠鏡ですが、シューメイカー・レビュー第9彗星(SL9)が木星に衝突した時の痕跡が見えましたよ。

  


 ★登山

  以前は山登りも大好きだったのですが体を悪くしては行ってません。山には思い出が一杯あるのに残念! 
  親父が環境庁(現在は環境省)委託の自然公園指導員だった事もあり、幼稚園時代から山に登っていました。
  学生時代は夏休み中、立山の山小屋でアルバイトをしていました。


 ★アマチュア無線

  主に50MHzを中心に出ていますが、北陸では殆ど聞こえてきません。
  MX-6S(通称:ピコ6S)を持って山に登り、コンタクトするのが好きでした。現在では足腰の調子が悪いため、車で出かけEs(スポラディクE層)の活動が活発になるのを待っています。
  家では、昔なつかしいIC−726sを置いていますが、運用停止状態です。FT-690mk2で再開したいと思います。FT-690mk2カタログ (ダ゙ウンロードに時間がかかります)1990年7月現在のものです。
  FT-690mk2用リニアアンプ自作回路図 本機は、マイクロホンのPTTスイッチを利用した送受信切替方式のリニアアンプで、SSB、FMモードにて15W以上の出力が出ています。
  なお、本体には一切改造を行っていません。 
  ピコ6Sにも使用してます。出力は7W程です。(リニアアンプの入力をFT-690mk2出力の2.5W用に減衰させているためです)
  (幅100×高50×奥行130 突起物含まず 重量550gの軽量小型です。)

 
  
  

 ★パソコン

  パソコン歴は、最初に買ったパソコンがPC-8001、次がPC-8801、PC-9821、仕事ではPC-9801、会社から頂いたパソコン(品名忘れました)等を使用していました。現在は、LENOVO G580です。最近は、以前に買ったNECのTK-85で懐かしい機械語に挑戦しています。また、思い出した様にSHARPのポケットコンピュータPC-1500でBASICを組み遊んでいます。町内のパソコンサークルの講師もやってます。
    
                                        動画 TK−85 CD化後のプログラムロード及び実行     PC-1500 糸田表示プログラムの実行
                                        リンク先:TK-85プログラムのCD化                 糸田表示プログラムリスト
 ★囲碁

  免状は持っていませんが初段ぐらいだと思います。
  退職後はパソコン相手はつまらないので囲碁教室に通いたいと思っていますが、これ以上、趣味を増やすと妻にしかられますので止めときます。
 

  本当は物はありますが、まだ作っていないアオシマの1/50サイズのEF58やDRAGONの1/35サイズの88mmFLAK36のプラモデル、HOゲージのEF81バラキット(真鍮製)等を作らなくてはなりません。何時の事になるのか・・・


  追記
    
HOゲージのEF81やっと完成しました。2015年8月

     制作途中で〜す。

   

            塗装し完成            EF81が3両になりました。トワイライトエクスプレスは自作でなく購入品です。

  上記、以外にも・・・

  


ホームページ トップ 自己紹介・ニュース 入院履歴 肝機能推移 血糖値推移
診断、病状 余命 ドナー条件 インホームドコンセント 手術方法
手術経過 薬暦情報 ドナー 入院〜退院 ICUでの患者の状態 手術後の経過
肝移植ドナーとなって リンク 肝移植関連図書 あとがき、PDF版 生体肝移植モーツァルト
分杭峠・肝炎ウィルス 肝性脳症体験談 生体肝移植費用 移植後の食事 ウィルスの再熱と治療
合併症 障害者福祉制度等 きんかんの会  肝移植治療成績  血液不適合 アンケート
検査値の読み方 脳死肝移植  体験者講演会